≪研究≫礼金は交渉でゼロになることも多い

 問題は、やはりお金です。お店を開くためには、様々な名目でお金がかかるのです。特にお金がかかるのが、物件取得費と内装費です。物件取得費というのは、物件を契約するときにかかるお金のことです。保証金、敷金、前払家賃、礼金などがかかります。ここで疑問になるのが、礼金とは何かということです。これは、物件を貸してくれたお礼として、大家さんに払うお金のことです。たいてい家賃の一か月分です。しかし、契約というのは同等の立場で行うものです。物件を貸してくれたからといって、お礼のお金を払わなければならないというのは少しおかしい感じがします。ですから、最近では礼金がない所も多いです。もし礼金を要求されたときは、素直に払ってもいいですが、交渉して払わないようにするが得策です。 交渉のときは、少しでも自分に有利なようにするものです。そして、お互いが何らかの妥協をして、最終的に契約を結ぶのです。ですから、家賃が高いと感じれば、安くしてもらえるように交渉すればいいのです。家賃の額というのは、経営に大きく響きます。途中から額を下げてほしいと言っても難しいですから、最初に交渉しておいたほうがいいのです。礼金はなくしてほしいと言えば、なくしてくれるケースも多いです。ですから、礼金をなくしてほしいということは、まず最初に言ったほうがいいです。